三岐鉄道北勢線に乗る

三重県にある三岐鉄道に乗ってきました。
四日市あすなろう鉄道、黒部峡谷鉄道と並び現存する数少ないナローゲージの鉄道路線の一つです。

始発駅の西桑名駅。
まずは楚原駅へ。
サイズも見た目も可愛い…!
社内の様子。3両のうち1両は一人掛けのシートでした。
2両はロングシート
楚原駅で降りて、ねじり橋とめがね橋を見に行きます。
2つの橋まで徒歩約20分。近づくにつれ目印が出てきました。
ねじり橋!(ねじりまんぽ)

2つの橋は大正5年に竣工され、現在も供用中の珍しいコンクリートブロック製の橋です。2009年に土木学会選奨土木遺産に認定とのこと。

反対側から見たところ
ねじり橋の近くにあるめがね橋
楚原駅に戻り再び乗車。阿下喜駅へ。
阿下喜駅構内で使われていた転車台が動態保存されています。
阿下喜駅をでてすぐのところに軽便鉄道博物館があります。無料でミニ電車にも乗れます。
モニ226型電車が静態保存されています。
車窓風景
無料で年金の相談ができる「年金相談列車」は日本でここだけ。
お土産のクリアファイル

一昔前にはたくさんありましたが今では珍しいナローゲージ。
ガタゴト揺られながら移動しました。
想像していた以上に可愛かったです(*´▽`*)

ezmomonga

コンサルタント(夫)と鉄道オタク(嫁)のブログ。 資格取得の情報や鉄道メインの国内旅行の情報を発信しています。 ももんが(夫)は中小企業診断士の勉強中。 ももんが(嫁)はゆるーくJR路線の完乗を目指してます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です