「ローカル鉄道グッズ販売会in碓氷峠鉄道文化むら」&アプトの道散策から眼鏡橋へ

2019年11月17日(日)に、JR信越本線横川駅にある碓氷峠鉄道文化むらで開催された「ローカル鉄道グッズ販売会in碓氷峠鉄道文化むら」 に行ってきました。

その流れで妙義山に挑戦⇒撤退⇒アプトの道散策と周遊してきました。

群馬県の横川駅すぐにある「碓氷峠鉄道文化むら」特急あさまがお出迎えしてくれます。

まずは横川駅

横川駅手前の車窓から見えた妙義山。
手作り感のある広告。横川駅改札横にて。
横川駅。峠の釜めし屋さんは改札の中からも外からも購入可能です。お蕎麦もありますが、この日はイベントがあったせいか夕方には売り切れでした…。
横川駅に展示されていたアプト式のラックレール。ぶんか村にも展示があります。
横川駅からかつて使われていた線路が続いています。

碓氷峠鉄道文化むらへ

「ローカル鉄道グッズ販売会in碓氷峠鉄道文化むら」ですが、出展社は弘南鉄道、長野電鉄、しなの鉄道、銚子電鉄、紀州鉄道、仙台空港鉄道、阿武隈急行、上田電鉄、水間電鉄、アルピコ交通、広島電鉄、JR東日本リテールネット、総合車両製作所、路娘MOTIONぷろじぇくとと、人気の鉄道会社です。

普段であれば各地を訪れないと購入できないグッズが一度に一か所で購入できる大変ありがたいイベントです。

碓氷峠鉄道文化むらに展示されていたアプト式ラックレール
ぶんか村の外からみたイベントの様子。
碓氷峠鉄道文化むらの売店で購入したおぎのやさんの峠の釜めし。始発で出発したので遅めの朝ごはんとしていただきました。
開いたところ。おいしゅうございました。

碓氷峠鉄道文化むらには初めて行きましたが、貴重な車両がたくさん展示されていました。
屋外での保存のためか、車両の痛みは気になりました…(>_<)

資料館の中にも展示物がありました。

ちらっと妙義山へ

できれば丁須の頭まで行きたかったのですが、ももんが(嫁)が登山口から10分程度のところにある最初の鎖場で敗北。せっかくなので鎖を上り下りしたりして鎖場の練習をしてきました。

橋を渡った先に登山届の提出箱があります。
検索しても情報の出てこない国鉄 横-熊線。裏妙義の鍵沢コース入り口にて

アプトの道をウォーキング

妙義山から横川駅に戻り、アプトの道をウォーキングすることにしました。旧信越本線の廃線跡を眼鏡橋(碓氷第3橋梁)を目指し、写真を撮ったりしながら2時間程度の行程です。

コースには色々見どころがあるので順にご紹介します。

旧丸山変電所(重要文化財)
色づいたもみじ
6号まであるトンネル。
基本的に明るいですが、1人だったら怖いかも?
碓氷湖には赤い橋がかかっています
今回目指した碓氷第三橋梁。通称「めがね橋」こちらも重要文化財です。
付近は観光のため整備されています
圧倒的なスケール
橋の上に来ました。
ちょうど同じ日に廃線イベントが開催されていたようで、眼鏡橋から見える橋の上にはたくさんの人がいました。紅葉もいいタイミングでした。

帰りは「とうげのゆ駅」からトロッコ列車「シェルパくん」に乗車

帰り道も、来た道を歩いて戻ることができるのですが、途中の「とうげのゆ」からトロッコ列車「シェルパくん」にのりました。

ちなみにこの「峠の湯」の駐車場から見る妙義山も大変すばらしい見ごたえです。

こちらのトロッコは「碓氷峠鉄道文化むら」の施設の一部となっており、「とうげのゆ」から乗ると終着駅は「碓氷峠鉄道文化むら」の中になります。その為、乗車券とは別に入場料が必要となります。(ただし1度入場していれば再入場可能です)

かぶりつき
終点にて先頭から撮影

横川駅にてSLぐんまよこかわお見送り後のぐんまちゃんに遭遇

着いてすぐ出発してしまったので、じっくりSLは見れなかったのですが、その代わりに「ぐんまちゃん」の配給シーンを見ることができました。

配給されるぐんまちゃん、手も降ってくれて可愛い

帰りは211系で帰路へ。

今回のお土産

グッズ販売イベントだったため、いつもより多めのお土産に。

戦利品

まとめ

当初の予定ではもう少し妙義山での滞在時間が長かったのですが、ももんが(嫁)が鎖場を進むことができなかったため、アプト道ウォーキングに変更になりました。ウォーキングも天気がよく紅葉もきれいで、良い時期に行けたのではないかと思います。 また、碓氷峠の眼鏡橋にはずっと行きたいと思っていたので、念願が叶いよかったです。

おかげさまで1日中横川駅周辺で楽しめた1日でした。

ezmomonga

コンサルタント(夫)と鉄道オタク(嫁)のブログ。 資格取得の情報や鉄道メインの国内旅行の情報を発信しています。 ももんが(夫)は中小企業診断士の勉強中。 ももんが(嫁)はゆるーくJR路線の完乗を目指してます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です