唐松岳から祖母谷温泉への道のりとトロッコ電車①

バスで松本駅へ

昨年は夜行列車のムーンライト信州があったのですが、今年は高速バスで行きました。夜行列車は人気なので事前の予約が大変でしたが、今回は天気を確認しながら直前のバスの予約になりました。

またどうしても駅寝がしたいとの要望があり、松本駅で仮眠を取ることに。松本駅は10名程度の駅寝登山者がおりまして、連休なのでもっと人が多いかと思いましたが、スペースには余裕がありました。

松本駅からは始発電車で白馬駅へ。

白馬駅から八方

白馬駅から八方までのバスは電車が到着してから5分ほどで出発してしまうので注意が必要です。

バス到着後すぐに見える白馬

八方から唐松岳頂上山荘へ

アルプスを感じる町並み
ゴンドラリフトでうさぎ平→鎌池→八方池山荘へ
途中に牛もいます
たぶん歓迎してくれてます
途中雲の中でした
湿原から見える白馬
八方池山荘に着くころには晴天に

説明するまでもないメジャールートで、自分は3回目になりますが、今回は本当に天気が良かったです。

ケルンとキレット
八方池に映る白馬岳
雪渓は少なめ
その先も白馬を見ながらの登山が続きます

一部ルートが変更になったのか狭い道が続きました。13時以降は下り優先。
山小屋に到着

唐松岳頂上山荘

山荘は本館と北館で分かれています。

今シーズン最高の宿泊者数とのことでしたが、私たちが泊まった 部屋は定員9人の部屋を6人で利用できました。

夕飯はハンバーグ
地図が8年前のなのはご了承ください。お酒は下界から持参した大雪渓。
唐松岳頂上山荘から見えたオリオン座。
ご来光を見に唐松岳山頂を目指す登山者。明るく光るのは月。
次の日はこの細い道を通って祖母谷温泉へ。

祖母谷温泉への道のりへ続きます。


今までに登った山はこちら

ezmomonga

コンサルタント(夫)と鉄道オタク(嫁)のブログ。 資格取得の情報や鉄道メインの国内旅行の情報を発信しています。 ももんが(夫)は中小企業診断士の勉強中。 ももんが(嫁)はゆるーくJR路線の完乗を目指してます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です