高速バスで行く伊香保温泉1泊2日

日ごろの疲れのリフレッシュの目的で伊香保温泉に行ってきました。
今まで行ったことがなかったので意外な発見もあり、有意義な温泉旅行でした。2019年7月の訪問です。


交通手段

 伊香保温泉までは、JR高速バスで新宿から約2時間半で行けます。
「ゆめぐり号」というバスで、最終目的地は草津温泉なのですが、草津温泉まで4時間かかることを考えると、 伊香保温泉は断然近いです。


伊香保温泉の見所

石段

石段に住む猫

有名な石段です。365段あって、自分の誕生日と同じ「誕生日段」があるとのこと。
石段の両側にはお土産屋さんや飲食店・大量の射的屋さんがあり、歩いているだけでも楽しいです。
今回意外な発見だったのですが、
伊香保温泉は
 ①すごくにぎわっています
 ②若い人が多いです
 ③日本人観光客がほとんどです
やはり東京から近いことと、東北からなども集客できるようで、昔ながらの様子が寂れず残っている貴重な 温泉街となっているようです。


伊香保神社

 石段を登りきった先にある神社です。御朱印ですが、普段は紙に書置きのものをもらる方式ですが、土日祝はその場で記帳してもらえるようです。


峠の公園

 石段からは少し離れたところにあります。以前、渋川駅から伊香保駅まで走っていた路面電車の車両を展示しています。個人が所有していたものを寄贈されたとのことですが、きれいな状態で保存されています。ロープウェイの見晴らし駅に詳しい説明や昔の写真が展示されているので、興味のある方はロープウェイ見晴らし駅の展示も見て欲しいです。


河鹿橋(かじかばし)

 石段を登りきって伊香保神社からさらに先に行くとあります。さらにさらに奥に行くと、伊香保温泉の源泉と、露天風呂があります。温泉の鉄分の成分のせいで、川は茶色くなっています。


ハワイ公使別館

 石段に向かって右手にあります。伊香保にハワイ?という疑問に答えてくれる施設で、明治時代から続く伊香保とハワイの関係も学べます。というか初めて知りました。日本初の国際結婚は伊香保にありです。
建物自体は順和風の建築で、夏でしたけど風通しがよく田舎に帰ったみたいに落ち着くところでした。


伊香保ロープウェイ

 伊香保温泉の標高が700mくらいで、そこから900mくらいのところまで上ることができます。展望台からは谷川岳など上州の山々が一望できます。
往復切符も売っていますが、くだりは徒歩20分程度で伊香保温泉まで続く道もあるので、こちらもお勧めです。


グルメ

石段うどん

 着いてすぐお昼ご飯に行きました。コシの強いもりうどんと、煮込みのうどん鍋の2種類あります。
味には関係ありませんが、お客さんが来ると太鼓を鳴らして合図するサービス(?)があります。

此処や 

 「伊香保焼き」という名前のたこ焼きです。外はカリカリ中はフワフワ系のたこ焼きです。


温泉

宿の温泉も源泉掛け流し。24時間入浴可能でした。
 


足湯

 石段の途中にある足湯で、「 岸権旅館 」が管理しています。石段歩きに疲れたらぜひ。向かいのお店でサイダーを買って飲みながら入るもよし。


飲泉所

 河鹿橋の向こうの源泉の手前にある 飲泉 です。大変鉄分の多い温泉で、大変インパクトがあります。貧血によさそう。


露天風呂・石段の湯
 日帰りの温泉として、 露天風呂と石段の湯があります。宿泊しない場合はこちらの温泉もよいかと。


お土産

今回のお土産はこちらです。

 うどんです。伊香保温泉で有名な水沢うどん(とってもコシが強い)と、群馬県のソウルフード(?)ひもかわうどんです。


旅に出たくなりました?



ezmomonga

コンサルタント(夫)と鉄道オタク(嫁)のブログ。 資格取得の情報や鉄道メインの国内旅行の情報を発信しています。 ももんが(夫)は中小企業診断士の勉強中。 ももんが(嫁)はゆるーくJR路線の完乗を目指してます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です