docomo with契約のままSIMフリー端末を使う方法

SIMフリー端末購入に至った経緯

携帯電話の料金プランほど複雑なものはないのではないかと思ってしまうところでして、お得なプランの組み合わせなどを紹介してくれるサイトもありますが、それすら検討するのすら放棄してしまいました。

ということで、現在利用中のdocomo withは割安であると判断し、古くなった機種を新しくしつつ、docomo withを継続させるためSIMフリー端末の購入に至りました。


結論から言うと、無事AppleストアでSIMフリーのiPhoneを購入し、SIMカードを差し替えることで使用することができましたので、メモとして残しておきます。

ついでにAndroid端末からiPhoneに変更したので、その移行手順についてもメモしておきます。

そもそもdocomo withとは

詳細は省きますが、特定の端末購入と同時に加入できるプランで、利用料金が継続して1500円割引になるというプランでした。

このプランは機種変更を繰り返さないユーザにとっては利用料金を安く抑えられるメリットがあったのですが、政治的な要因も絡み2019年5月31日をもって新規申し込みができなくなりました。

docomo withを継続しつつ端末を新しくする方法

機種変更(料金プランの変更)さえしなければプランの継続は可能ですので、何かしらの方法でSIMフリー端末を入手し、SIMカードを入れ替えてしまえばdocomo withの割引が継続できます。

SIMフリー端末の入手方法は以下のようなものがあります。

  • SIMフリー端末として販売されている端末を購入する
  • docomo などで契約した端末をSIMロック解除し、その端末をSIMフリー端末として使用する。
  • 中古で販売されているSIMフリー端末を購入する
  • その他

今回はAppleストアで新品のiPhoneを購入し、docomo with契約時に購入した端末からSIMカードを入れ替える方法を取りました。

Appleストアについて

勝手なイメージでAppleと言えば銀座かなと思いAppleストア銀座店に行ったのですが、大変な混みようだったので、近くにある丸の内店を利用しました。
丸の内店は、銀座店ほどの混雑ではなかったのですが、折しもiPhone11発売から1週間程度ということもあり、店外で軽く並び在庫の確認が必要な状況でした。運よく自分の希望する機種の在庫があるとのことで、指定された3時間後に再び来店しました。

ちなみに、Appleストアでは、店員さんがファーストネームで挨拶をしたことが衝撃でした。カルチャーショック。

Appleストアでの作業

店員さんに、初めてiPhoneを使うので最初に何をしたらよいかと聞いたところ、店内の端にあるスペースでセットアップ作業を手伝ってくれました。
旧スマホに専用アプリを入れ、iPhoneにデータ移行をしたのですが、思っていたよりもサクッと作業が終わりました。(旧スマホに入っているデータにもよると思います。)

また、店内ではいつも写真やビデオの撮影方法等iPhone・iPadを使用した無料講座を行っているとのことで、今度行ってみようかなと思いました。

SIMカードの入れ替え

えいやっと

AppleストアでもSIMカードの入れ替えまで一緒に作業してもらえますが、念のため旧スマホのデータ確認やLINEの引継ぎ等、自宅でゆっくり行いたいと思ったので、SIMカードの入れ替えは自宅に帰ってから行いました。

iPhoneへのSIMカードの挿入は、iPhoneの右側側面にある小さな穴に付属のSIMピンをえいやっと差し込むとSIMトレイが引き出されるので、SIMカードを装着して差し込めばOKです。

買ってすぐの頃ケースを購入していなかったので、代わりにサランラップを巻いていました。(初めての高級端末にびびっておりました)

アプリのインストール・移行

LINEのデータ引き継ぎについて

AndroidからiPhoneに機種変更する場合、LINEの友達や友達とのアルバムやノート、スタンプは引き継げますが、トーク履歴の移行はできませんでした。
ちなみにAndroidからAndroid、iPhoneからiPhoneの機種変更の場合はトーク履歴も引き継げます。

SIMフリー端末でdocomoメールを使う

docomoメールも、設定をすればそのまま使えます。
設定方法はこちら

スケジュール

スケジュール機能ですが、iPhoneのカレンダーはdocomoと違い、ウィジェットで月表示されないようだったので、WidgetCalというアプリをインストールしました。無料版を利用しているので広告は出ますが、見やすいと思います。

AndroidからiPhoneに変えてみて

初めてのiPhoneということもあり、初めは焦ることが多かったですが、(初歩的なことでは、マナーモードの仕方・電源の切り方入れ方がわからなかったり、 Androidで使っていたアプリがiPhoneでは対応していなくて探したり…)触っているうちになんとなく使えるようになりました。さすがiPhone。
※マナーモードの仕方、電源の入れ方切り方等本当に初歩的なことは同梱されている紙に説明があることに後日気づきました(>_<;)

肝心のdocomo withの継続状況は

無事継続されています。

SIMフリー端末を利用する際の注意点

SIMフリー端末を検討している人はおおむね問題ないかと思いますが、以下のような注意点があります。

  • docomoショップで対応してもらえない。(故障などもサービス対象外になるため注意が必要です)
  • アプリのインストールなどを自分でやる必要がある。
  • すべて自分で調べる必要がある。

作業自体は、SIMフリー端末を購入⇒端末にSIMカードを挿入するだけなのであっさりできると思います。

個人的には、格安スマホを選択したりするよりも、docomo withの割引とdocomoの家族割引、シェアパックを契約した今の状態が、割安で質の安定が保たれていると思うので満足しています。

ezmomonga

コンサルタント(夫)と鉄道オタク(嫁)のブログ。 資格取得の情報や鉄道メインの国内旅行の情報を発信しています。 ももんが(夫)は中小企業診断士の勉強中。 ももんが(嫁)はゆるーくJR路線の完乗を目指してます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です