2019年株主優待(ビックカメラ 3048)

使い勝手の良い金券が届きます

ビックカメラ」から株主優待が届きました。大都市圏を中心に展開する家電量販店で、近年はコジマも買収し郊外店舗にも進出しています。


優待は、100株保有で半年に1度、年に2回、2000~3000円優待券がもらえます。我が家は夫婦で保有しているので、今回に関して言うと6000円の株主優待と、それぞれ1000円ずつの配当金を受け取っています。

さすがに冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は購入できませんが、こまごましたものを購入するのであればこれだけの金額があれば十分です。家電が必要ない場合でも、ドラッグストアや酒屋さんも併設されているので、日用品であれば優待を効率的に使用できます。


株主限定クーポンも

さらに今回初めてだと思いますが、株主限定クーポンがついており、購入時のポイントが3%アップするなど、使い方によっては大変お得な優待となっています。


個人的にはビックカメラの株を購入したのは2009年と、リーマンショックで世界的に株価も低迷しているときで、その当時の購入金額からすると、その後の10年間で株主優待だけで元を取っている計算になります。つくづく、株は長期投資が有効であると実感するところであります。



その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】



ezmomonga

コンサルタント(夫)と鉄道オタク(嫁)のブログ。 資格取得の情報や鉄道メインの国内旅行の情報を発信しています。 ももんが(夫)は中小企業診断士の勉強中。 ももんが(嫁)はゆるーくJR路線の完乗を目指してます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です